先日の婚活サイト悪用記事につきまして

結婚相談NPOの影山です。一昨日のニュース、「婚活サイト悪用、新「デート商法」に注意 投資用マンションを買わせる手口とは/ザ・ページ」を流し読んで酷いやつもいるもんだ~で済ませていた私ですが、「結婚相談所も同一危険視されるのでは?」というご意見もチラホラいただき、ちゃんと目を通してみました。

記事だけを読んでいると「こんな手に引っかかるかな?」とも思いますが、責めるべきは婚活者の真剣さを悪用しようとする卑劣な連中でしたね。

個人的にはこの記事の記者の方は「婚活サイト」とちゃんと書いていただいているので、分かり易いと思うのですが、婚活サイトとは異なる、一般的な結婚相談所の良い所は何と言っても「全会員の皆様が身元確認済み」な点です。ブライダルサポーターが加盟している日本結婚相談所連盟は中でもルールが細かい事で有名(注:褒めています)ご入会時の必要資料が多過ぎる事をご面倒と感じられる会員様もいらっしゃるのですが、我々はそれが正しく、ひいては会員様の為になると確信しております。
今回のケースにIBJ加盟相談所が利用される確率は極めて低い!でしょう。

とはいえ、この悪意ある連中が早く特定されて、全容が明らかになって欲しいものですね。

色々な問い合わせ先が有ると思いますが、今回のケースは婚活サイトでは無く、詐欺連中について警察か消費者庁にご相談されるのが王道かと‥

残念ながら事実、苦情数が非常に多い結婚相談業界。くれぐれも業者選びにはご注意くださいませ。

消費者庁