成婚レポート

成婚レポート

※閲覧性の観点から今後、当ページの成婚レポートは一部抜粋のダイジェスト版とさせていただき、フル版は会員限定コンテンツとさせていただく予定です。

Y.Tさん 女性 40代 活動期間:9か月

■ブライダルサポーターについて

ホームページを拝見して、活動の原点から目指すところも明確で巷の相談所とひと味違うと興味をひかれ、綺麗に飾りすぎていないというか自然体で地に足のついた活動ができそうなイメージがありました。遠距離活動でしたし良心的な料金設定もありがたかったです。

私はどちらかというとお節介されるより自分で主体的に選びとりたいタイプです。代表の影山さんにお会いして真剣さと誠実さをひしひしと感じましたし、結局は自分次第なのだから、キチンと感とピリッと感、加えて人間味の感じられるブライダルサポーターさんを信頼してともかくやってみようという気持ちでしたので、不安はありませんでした。

(対面相談が有料となる件について)自発的な活動ができる方は大丈夫でしょうが、入会後に定期的な面談やカウンセリングなどのケアを希望される方はいらっしゃるかもしれません。
私自身は不便と感じるまでのことはありませんでしたが、時々話を聞いてほしい・背中を押してほしい的な心理になることはあり、そんなときは遠慮せず言いたいことや聞きたいことをメールさせていただいて、客観的な返信をいただき気持ちの整理がついていました。

■活動について

IBJのシステムはとてもよかったです。リアルな出会いとは違うので最初は違和感がありましたが、3ヶ月くらい過ぎるとピンポイントでこの人と思う人をピックアップする感覚がつかめてきて、焦らずご縁とタイミングを待とうと思うようになりました。その過程で自身の自己PR文も手直しの必要があると感じて書き直し、差し替えていただいたりしました。

途中、本当にお相手が見つかるのだろうか?という不安は感じました。10歳若かったら違っただろうなとも笑。でもお気に入りの婚活ブログを読んでいたせいか、ゆっくりペースの活動の間も結婚へのモチベーションは下がることなく気持ちに張りがあり、徐々になぜか結婚できるような気がしてきていた頃に出会いが訪れました。

遠距離を敬遠される方も多いと思うのでそれだけ出会いの分母が少なくなるということはあると思います。距離や時間や費用は確かに大変ですし、心のエネルギーも要りますが、それを乗り越えて結ばれるご縁ならば困難も乗り越えられるし困難も困難ではなくなっていくのだと実感しています。こんな素敵なことはありません。

■結婚相談所で活動することの魅力は何だと思いますか?

結婚を真剣に望む男女が日常の行動範囲を越えてお相手となる可能性のある異性とコンタクトをとれること、そして入会する時点でハードルがあり本気度が試されていますので出会えれば早いです。まったく普通の出会いのきっかけのひとつだと思いますし、私に合っていたと思います。行動してよかったなと思っています。

まとめ

首都圏から離れた、郊外にお住まいだったY.Tさん。
首都圏のお相手をご希望されていた為、唯一の心配は遠距離活動に対するモチベーションがキープできるか?でしたが、積極的に東京までいらしていただく姿勢から、こちらも安心してサポートをさせていただく事ができました。
彼女の努力も素晴らしいのですが、本件はお相手男性の誠実なご活動の賜物でもあり、その点では相談所間での連携が光ったご縁だったと思います。

仲人として今回、感心させられたのは遠距離をポジティブに捉えようとする姿勢でした。
遅刻しそうになってしまった時にタクシーを利用したお話しなどもお聞きしましたが、携帯電話の発展とともに昔と違い遅刻にルーズな方が増えた中で、彼女の行動一つ一つが逆に新鮮で、プラスに働いたのではないでしょうか?
遠距離交際は覚悟して臨みさえすれば、皆さんが心配しているよりもお勧めの活動です!

(担当:男性仲人 2017年1月メールにて)

M.Hさん 男性 40代 活動期間:1年弱

■ブライダルサポーターを選んだきっかけを教えてください。

ホームページを見つけて、代表の方の理念や使命感をもって取り組んでおられる様子に共感したことと、明瞭な料金体系に魅かれて選びました。

■ブライダルサポーターは、面談は有料となり定期的な面談などはありませんが、ご不便を感じましたか?

とくに不便は感じませんでした。こまめな報告をすることと迷いや悩みが生じたときはカウンセラーに相談することが出来る体制が整っていたので安心して活動できました。私は専ら、IBJのシステムを通して影山さんに連絡していましたが、自分の現状や迷い、悩みを文章にすることで今の自分が思っていることや感じていることをスッキリ整理できて良かったと思います。

■交際中のデートについて教えて下さい。

週に1~2回はお会いするようにしていました。デートの行先は映画館、水族館、美術館等が多かったです。真剣交際に入ってからはお互いに平日に休みを取って遠出しました。
初デートはお互いに緊張している状態ですので長時間のプランは避けて、2時間ほどのランチをお薦めします。また、映画館デートは事前に好みのジャンルだけは確認しておいた方が良いと思います。アクションが激し過ぎる4D映画は女性には受けが悪かったですね。
デートの費用は専ら自分が払っていましたが、映画や夕食の後のお茶代は彼女が支払ってくれました。

■IBJでのご活動はいかがでしたか?

結婚相談所での活動ではやはり結婚願望のある身元のしっかりした方と出逢えることが魅力でした。
IBJのシステムも概ね良好だと思います。私が入会した当時は条件検索のみでしたが、最近のシステムアップデートで条件以外の部分でのマッチングが可能となったので、更にお相手探しの幅が広がったと思います。
活動中は「いつまで続くのか?」というような終わりの見えない不安は感じていました。最初から一年で結果が出なければ結婚自体を諦める方針でしたので、正直、ほっとしています。

■その他、コメントをお願いします。

成婚が決まった時、影山さんから「ずっと頑張っていらっしゃったので、自分も喜びひとしおです。」と言われて嬉しかったですね。でも、成婚した彼女に限って言えば、「頑張った」という実感はなかったです。とにかく何の障壁もなく決まった感じがします。入会した当初は「自分の条件がこうだから相手の条件はこれくらいかな」なんて頭で考えて活動していましたが、本当に自分に合った人に出逢ったときは条件なんて吹き飛びます。ですので条件設定は程々にして色んな方と会ってみてはいかがでしょうか?
活動中の皆様には自身の経験から「諦めない事。嫌なことがあっても腐らず続ける事。期限を決めて結婚活動の優先順位を最上位にする事。」をお薦めします。

まとめ
結果的には最高のパートナーと巡りあっていただけたようで私もほっとしていますが、目標では無く、結婚を諦めるまでというタイムリミットに近いニュアンスで一年という期限をご入会時にうかがっていたので、お互いに緊張感の有るご活動でした。
我々は常に最上のサポーターを目指しておりますが、途中、プレイヤーであるご本人の努力が試される出来事も有り、そこを乗り越えられたのは彼自身の努力に尽きると思います。
また、ご成婚相手につきましては先方の相談所のアドバイスも的確だった事が大きかったと感じています。(我々と同じで?)時には厳しい仲人さんのようですが、その厳しさに応えたお相手女性の努力も素晴らしかったのだと思います。
可能性を広げる為に出来ることは何でもする。自身の定めた期限までは婚活を再優先にする。継続は力なりを実証して下さり、貴重な体験をさせていただきました。

(2016年9月 新宿の喫茶店にて)

M.Kさん 女性 20代 活動期間:10か月

■彼の第一印象はいかがでしたか?

写真と違和感がなく、最初からざっくばらんに話しができました。お見合いの最初からとてもいい印象でした。

■交際中はどのように過ごされましたか?

デートの前には事前に何が食べたいかを聞いてくれ、こちらの希望にあったお店をデートまでにリサーチしていてくれていたり、予約してくれていたりしました。特に交際初期の段階ではお互いのことをまだあまりわかっていないので、事前に調べてくれていたのはとても助かりました。
成婚退会後は、お互いも解っているのでブラブラお店を探したりしています。

■どれくらいの頻度で会われていましたか?

週1ペースです。私が平日休みなので1日デートなどはあまり出来ませんでしたが、祝日などが合うと1日デートに出かけたり、彼が平日に有給を取ってくれることもありました。「食事デート、食事デート、1日デート」みたいなペースでした。食事デートの時に、次回の1日デートの相談をするというスタイルが多かったです。
真剣交際後は1日デートで遊園地にも行きました。

■お相手との連絡は、どのようにとっていましたか?

主にLINEでした。LINEだと「お仕事、お疲れ様」だけでも気楽に連絡ができるのが良かったです。

■交際中の支払いはどうしていましたか?

基本的には彼が払ってくれました。1日デートの時などは入園料は彼が出してくれて、2回食事がある時は1回は私が意識的に出すようにしたり、お菓子のようなものも私が出すようにしていました。

■ブライダルサポーターを選んだきっかけは?

インターネットで結婚相談所を探しているときに、ブライダルサポーターさんを利用している方の婚活ブログを読み、知りました。
費用が控えめだったので正直はじめは不安でしたが、活動をはじめてから、きちんとすぐにレスポンスがあるので大丈夫だなと思いました。

■IBJシステムの使い勝手はいかがでしたか?

特に問題ありませんでした。使いやすくて満足しています。

■活動中に不安に感じたことはありますか?

やはり複数交際ができるので、楽しくデートができても、他にいるかもしれないという不安は常にありました。
お申し込みが成立しない時もやはり落ち込みますが、事前に担当さんから「お断りは誰でも結構あるので、あまり気にしないように」と言われていたので、あまり気にしないようにしていました。

■活動中の男性会員様、女性会員様へお見合いのアドバイスを是非頂けますか。

お見合いの待ち合わせの時は、着いたときに男性から声をかけてもらえると第一印象がかなり良かったです。待ち合わせの時に携帯を見ている男性は、要注意と聞いたこともありましたので、お待ち合わせは大事だと思います。女性は、男性の話を聞くことも大事ですが、自分をアピールすることも大事だと思います。お見合いでは、半分聞いて半分話すぐらいを意識してお見合いされるといいと思います。
私はお相手の趣味・お仕事は事前によくチェックしました。お見合いで話題になることも多かったので、要チェックだと思います。

■結婚相談所で活動することの魅力は何だと思いますか?

基本的には自分主体の活動ですが、いざという時に担当さんに相談できるという安心感がありました。
入会前はパーティーなどに参加もしていましたが、入会後はIBJだけにしましたね。

まとめ
M.Kさんは、入会当初に交際中になったお相手から以前交際をしていた女性とよりを戻すということで、交際終了になったことがありました。担当の私自身もとても残念に感じましたし、とても心配しましたが、引きずることなく活動を続けてくださいました。
そのような経過もあっての今回の成婚は、担当としても感慨深いものがありました。今回、その時のことを伺いましたら「婚活ブログなどで聞いたことがあったので、本当にあるんだなと思いました。残念でしたが、いつまでも引きずっても意味がないので、早めに切り換えるようにしました。」とのこと。彼女の強さは、気持ちの切り換えにあったと思います。その他、ネットなどで婚活情報をうまく取り入れていたり、色々な方からのアドバイスを素直に受け止めていたようですね。活動中は、スマホなので短い文ではありましたが、いつも「ありがとうございます!」などこまめに連絡を頂き、サポートする側としてもとても気持ちよくサポートできました。
お相手様も彼女の元から持っている人柄の良さを感じられたのだと思います。
おめでとうございます!お幸せに!

(担当:女性仲人 2016年2月千葉県内某レストランにて)

K.Nさん 男性 40代  活動期間:4.5か月 ハンディキャッププラスプラン

■結婚相談所での活動についての感想は?

日常生活ではけっしてお会い出来ないであろう方々とお会い出来たのも良かったですし、やはり他の婚活と比べてお相手について予め分かっている部分が多く、身体の事も伝えられているのが長所だと思いました。
自分は強制されないとダラダラ行くタイプかも知れないので、ルールで交際期間が限定されていたのも自分にとっては良かったと思います。

IBJのシステムはとても使い易かったのですが、スケジューリングはお相手相談所次第の部分も有るので、身動きが取れず大変でした。
結果的に素晴らしいお相手に巡り会えたので満足していますが、やはりストレスの溜る活動でした。
私は比較的順調だったのではないかと思いますが、それでも疲弊したので長期の活動は厳しいかもしれませんね。

■ブライダルサポーターをご利用いただいたキッカケをお教えください。

自分は身体障害を抱えているので、「障害者」「婚活」というキーワードで見つけました。 サービス面だけで無く、費用的にも大満足ですが、実は障害者は入会を断られる相談所も有ると聞いていたので、他の相談所はあまり調べていなかったんです。ですので、費用が他の相談所より安いというのは後から知った事になります。

最初から安いと知っていれば、「何故、安いのだろう?」と不安になっていたかもしれないので、その辺りの説明はホームページに記載した方が良いかもしれません。

敢えて不満点を言うならば、対面相談が無い(※)という事による不安がありましたが、実際はレスポンスが早かったので問題に感じる程ではありませんでした。(※有料オプションとなります。)

■活動の反省点は有りますか?

当初、思っていたよりもお見合いが成立してしまい、スケジュールがパンクしかけた事に尽きます。活動開始直後は見当が付かないので意識して活動をセーブする必要が有るかもしれません。

実はお相手とは「もうこれ以上のお見合いは無理!」と感じていた頃に出会っています。対面前はかなり消極的ではあったのですが、あの時、気を抜かなくて本当に良かったと思います。

■活動で気をつけていた事を教えてください。

お見合い場所は心に余裕を作る意味でも下見をしたり、混雑している場所では事前に席取りしたりしていました。お写真とちょっと印象が異なる方との待ち合わせでは予習していた身長からお声掛けした事も‥

あとは靴を磨いて、スーツにアイロンをかけて、へたったシャツは着ない、時間が許せば一度家に帰ってシャワーを浴びるなど、身だしなみにはやはり気を遣いました。

■障害をお抱えの方にアドバイスをお願いします。

先日世間を騒がせた著名障害者のO氏がモテるのはポジティブだからだと思っています。
後ろ向きな人と結婚したがる人はいないと思うので、兎に角、自分の限界を認めて他の部分で勝負する事が重要なのではないでしょうか?
私は最初のデートで、敢えて自分が出来る事と出来ない事が分かりやすいシチュエーションを選ぶように心がけていました。プロフィールに身体のことは事前に書いてありますし、それ以外は自分の身体のことは意識したことはありませ ん。
「けっして多くは無いかもしれないけれども、気にならない人は実際に居る。」という事を実感できたので、他人任せにせず、諦めずに根気よく活動される事をお勧めします。

まとめ
身体障害をお抱えで、ハンディキャッププラスプランでIBJをご利用いただいた男性会員様です。正直、障害以外は好条件の方ですので、今回のレポートをそのままご自身に当てはめる事は出来ないかも知れませんが、似た条件の健常者男性が苦戦される中、素敵な健常者女性とご成婚されたので、私もかなり参考になりました。

今回、改善すべき点もアドバイスいただいたので、徐々にハンディキャッププランに還元していきたいと思っています!

(2016年5月某日 高田馬場の飲食店にて)

N.Hさん 女性 20代 活動期間:6か月

■ブライダルサポーターをご利用いただいたキッカケをお教えください。

仲の良い友人が探してくれて、彼女の勧めで入会しました。
初の結婚相談所利用だったので、どのような方がいらっしゃるのだろう?と少し不安も有りましたが、入会してみると素敵な方が多くて安心しました。

■IBJシステムの使い勝手はいかがでしたか?

私はスマホで利用していましたが迷う事も無く、とても簡単で便利でしたね。

■お見合いにあたって気をつけていた事はありますか?

お見合いを始めてフィーリングが合わないな‥と思ってもお相手に失礼のないように一生懸命お話ししました。
とにかくお相手を不快にさせないよう頑張りました。

■逆に男性会員がお見合いの際に気をつけた方が良いと思われる事は有りますか?

やっぱり、お互いに自分の事ばかりをしゃべり過ぎないように注意すべきだと思います。
女性が興味をもちそうに無い話題で延々とお話しされる方がいらっしゃいますが、それだと難しいですよね。

■遠距離交際でしたが、交際中はどの程度の頻度でコンタクトしていましたか?

彼が真面目なので遠距離につきものの不安は有りませんでしたが、気軽に会えない分、連絡は毎日取り合っていました。
ただ、彼も積極的にこちら迄来てくれたので、結局、毎週会ってはいましたね。
私が行く時は、私が遠慮をしても交通費を出してくれました。助かります!

■交際期間中はパートナーがエスコートして下さる感じでしたか?

二人で計画して行きたい場所へ行っていましたね。

■お見合いの10日後と真剣交際に至る迄がとても早かった印象ですが、真剣交際のご提案をお受けする際に迷いは有りませんでしたか?

実は真剣交際は私から申し込んだんです。
勢いで言った部分も有りますが、私が行きたい場所へ連れて行ってくれたりと自分でもわがままだと思う要望を積極的に聞き入れてくれていたので、いける!と信じていました。
私としては早く一人のお相手に決めて集中したかったのでほっとしましたね。

■お相手の方と結婚について踏み込んでお話しをしたのは何時頃でしたか?

それも真剣交際の時ですね。折角、結婚相談所で出会えたのだから結婚まで行こう!と、そこは彼から踏み込んだ話しをしてくれました。

■お相手男性とは15歳以上年齢差が離れていますが、気を付けた事などは有りましたか?また、男性に向けて年下女性との交際アドバイスをお願いします。

年の差について気を付けた事は特にありませんね。
ただ、私からのお申し込みだったので彼は最初、私の事を結婚詐欺師ではないか?と疑っていたようです(笑)
始めの内、彼は俺で良いの?っていう感じで気にしていたようですが、私は年齢差は気になりませんでした。
私が色々な場所へ連れまわすタイプだったので今思うと可哀想でしたが、それを受け容れてくれた事が彼の優しさに触れるチャンスだったと思います。
年下女性との交際ではやはりゆとりと包容力が大事なのではないでしょうか?

■N.Hさんは「バツイチ・子供有り・子供欲しく無い」という簡単では無い婚活条件でしたが、男性陣の反応はいかがでしたか?

事前にプロフィールに記載していましたので、皆さん理解が有りました。
過去を気にせず新しい家庭を築こうと思ってくださる方が多かったのは助かりました。
ただ、記載はしていても中にはやっぱり子供は欲しい!とおっしゃる方もいらっしゃいましたね。彼はパートナーとして結婚して欲しいと言ってくれました。
子供については無理だったらどちらでも良いと考えてくれました。

■活動中に親御様にご紹介はされましたか?

親とも遠方ですので、成婚が決まってから電話で報告しました。
今度、時間を作って紹介したいです。
彼のご家族とは妹様夫婦とも会う約束になっています。緊張してます!

■真剣交際からご成婚までが40日とこれまた短かったと思いますが、決め手は何でしたか?

やっぱり誠実さですね。結婚相手には誠実さが必須です!
その点、彼は理想的だったので直ぐに決めました。

■活動を振り返って、婚活のコツや婚活中の方に対するアドバイスはありますか?

無理だと思ってもお断り覚悟で沢山お申し込みする事だと思います。
自分は良い返事がもらえなくてもクヨクヨせず、ドライにいくようにしていました。

■担当の女性仲人Nとはマメに連絡を取られていましたが、スタッフのサポートはいかがでしたか?

本当に良かったです!
Nさんはとにかく優しくて誠実に対応して下さいました。
ご連絡やお返事も的確で、真面目で頼れるお姉さん!という感じでした!

■ブライダルサポーターでは常にサービスの改善に取り組んでいます。何かご不満点やリクエストは有りますか?

不満点は無いのですが、いつも急がしそうだな~と‥感じていました。
もう少しスタッフさんが多いと、なお!良いと思います。
有難うございました!

まとめ
N.Hさんは若くてとても素直な印象の有る可愛らしい女性です。
一方で成婚インタビューでも触れている通り、「バツイチ・子供有り・子供欲しく無い」という婚活的には少し難しい条件でしたが、それをご自身も認識されていらっしゃったせいか担当仲人の意見を素直に聞き入れ、兎に角、婚活に集中されていました。
特にイケメンやハイスペ狙いをするわけでも無く、彼女からご希望いただいて障害者の方ともお見合いいただいています。
成婚のお相手とめぐり合う迄は期間こそ長くは無いものの平坦な道のりでは無く、担当では有りませんでしたが私も陰ながら活動を見守ってハラハラしたものです。
資金的な余裕も無いのに時に夜行バスで地方までお見合い遠征する姿勢とバイタリティには感心させられましたし、兎に角、お相手の誠実さを重視する姿勢にも共感させられました。
野球のダルビッシュ選手が「メジャーの選手とは生まれついての体格が違うのだから、人一倍ストイックに努力しなければならない。」とおっしゃっていましたが、彼女は婚活界のダルビッシュ選手だったのでしょう。
少し変なまとめになりましたが、新婚さんいらっしゃい!に出てくれないかな?と密かに期待しています。おめでとうございます!

(2015年7月 秋葉原の喫茶店にて)

Y.Hさん 男性 40代 再々婚以上 活動期間:7か月

■複数の婚活を同時並行されていましたが、他の活動方法も感触はありましたか?

(某大手)お見合いサイトは悪いとは思わないまでも良い点も無かったので、非効率だと判断して途中で止めた。
噂で聞くようなサクラには遭遇していないと思うものの、ネット上でのやり取りを重ねた上でやっと会えるので、実際にお目にかかるまでにひと月ほどかかる。
また、「お会いしませんか?」と伝えると連絡が急に途絶えるので、自分のように兎に角会ってみないと何も分からないと考えているタイプの人間には合わないと感じた。
お見合いと銘打ってあっても結局、出会い系サイトと一緒だと感じたので、相手も警戒していたのかもしれない。

婚活バーは土日が休みの人ならば悪くないかもしれないが、自分は平日が休みなので合わなかった。

■婚活で注意していた事は有りましたか?

自分は土日が仕事など条件的に良いとは言い切れないので、理想を言いだしたら2%位の人しか相手にしてくれないと思っていた。その確率を上げる為に禁煙など出来る事は全てやったと思う。

■仕事も多忙のご様子で、更に転職活動も並行しての婚活でした。

婚活において土日仕事は相当不利に働くと認識していたので、途中からは仕事も転職活動も減らして婚活用の時間を作るよう心掛けた。
転職もタイミングが大事な事は分かっているが、自分の場合は仕事における1、2年の遅れは取り戻せるが、婚活は1秒でも早い方が良いと思っていた。もちろん、これは職業によっても違うかもしれない。

■交際期間中はどの程度の頻度でお会いしていましたか?

仕事上がりを軸に月に3、4回。ただし自分の場合、メールの文字では分からないニュアンスを重視していたので、古臭いかもしれないが電話はマメにした。
IBJが定める3ヶ月という交際期間が双方の頭の片隅にあったのが良かったと思う。真剣交際の申し出も初めに言われていた2ヶ月の段階で自分からした。

■お相手は初婚ですが、以前の婚歴について話題に上りましたか?

隠す事でも無いので聞かれたらしたが、聞かれない内はしない方が良いと思う。結婚に限らず、昔の交際相手の話しを自分から始めるのと同じ。不快に感じる人もいる。

■結婚は良いものだと思いますか?

自分の場合、以前の経験から結婚への憧れというものは無く、力を合わせて生きていく為に必要なものだと考えている。

■婚活中の方にアドバイスは有りますか?

自分はそれほど相手に求め過ぎる方では無いが、それでも写真とのギャップがあまりにもある人は論外だった。
また、以前のお見合い相手や結婚相談所の愚痴などをこぼす人がたまにいるが、止めた方が良いと思う。本人は気を許してくれているのかも知れないが、結果的にマイナスの印象しか受けなかった。
自分は沈黙が嫌いなので、受け身の女性には自分から積極的に話すようにして、一方的にお話しをする方の場合は聞き役に徹していた。

自分から行動する人が少ないので、そこを心掛ける事が大きなアドバンテージになると思う。

まとめ
Y.Hさんは完全にお仕事中心なワーカホリック男性。多忙な男性に婚活は無理!が私の持論ですが、ご自身で仕事をセーブされ見事にご成婚されたその活動方法は多くの男性にとってお手本になるのではないでしょうか?
二度の婚歴をお持ちでしたが、婚活は今回が初めて。ブライダルサポーターの他にも某大手サイトのお見合いや婚活バーにも意欲的に参加されていました。
普段、当相談所には比較的低い費用設定を求めていらっしゃる方が多いのですが、価格が他社よりも安いと気付いたのは何とお相手の相談所の話を聞いてからだとの事。お相手のみならず、我々相談所との関係も会ってみないと分からないという出だしだった事が読み取れます。
実は本ご成婚、当相談所と先方相談所の協力関係は有ったものの、ここに書けないような事も色々と有り、Y.Hさんの決断力・行動力による部分が大きいケースでした。

片手ほどのお見合い回数で素敵な女性を射とめた実績は、運を引き寄せる為の様々な努力によるものだったと言えるでしょう。

(2015年某日 高田馬場の喫茶店にて)

Y.Kさん 女性 30代 活動期間:5か月

※お仕事がご多忙でお会いする機会がございませんでしたので、メールにてご回答いただきました。

■ご利用前の結婚相談所に対する印象はいかがでしたか?

結婚相談所の利用者は結婚という同じ目的を持った人達なので、良い出会いさえあれば結婚は出来るだろうと思っていました。

■以前ご利用されていた結婚相談所と比べてサービスに違いは有りましたか?

兎に角、価格の差が大きいと思いました。
以前は著名な仲人さんが運営する相談所に所属していましたが、特に連絡を取って来るでも無く、高額な費用は無駄だと感じていました。

■IBJシステムの使い勝手はいかがでしたか?

お見合いが終了すると相談所の方とのやり取りが消えるのは何故なのだろう?とは思っていましたが、特に不満は有りませんでした。
※注:その後システムが改善され、一週間まで過去のやり取りも確認出来るようになりました。

■交際中はお相手の方とどの程度の頻度でやり取りをされていらっしゃいましたか?

メールや電話は1、2日に一回。お会いするのは週一回でした。

■交際期間中はパートナーがエスコートしてくださる感じでしたか?

はじめは相手がデートプランを考えてくれました。ただ、彼も忙しい時が有ったので私からも積極的に提案する事にしました。

■お相手の方と結婚について踏み込んでお話ししたのは交際されてから何時ぐらいになりますか?

真剣交際に切り替えてからです。親には交際1月くらいで存在を知らせました。

■真剣交際に至るのが早かった印象(交際成立後2週間)ですが、真剣交際のご提案をお受けする際に迷いなどはございましたか?

私の場合ですが、以前の相談所での経験から引き続き会いたいと思えるお相手が限られる事は気付いていました。お互い完璧な事など無いので、積極的に受けようと意識していました。

■活動を振り返って、婚活のコツや婚活中の方に対するアドバイスはありますか?

やっぱりコミュニケーションは密に取らないと上手くいかないと思います。そうでないと婚活の性格上、どうしても複数交際を疑ってしまいますし、それは男女を問わないと思います。私は複数交際はお勧めしません。

■サラリーマンの男性からしますと交際相手にお医者様を選ぶのは少し度胸がいる事のようですが、実際、その考えは当たっていると感じますか?

これに関しては人それぞれだと思います。
性別にかかわらずお相手に同程度の学歴や収入を求める人が多いのではないでしょうか?
高収入男性は生活水準を落としたくないという想いから高収入女性を求める人がいる印象ですが、そういう方はやたらお金の話しをしてきますね。私の相手は専業主婦になっても良いと言ってくれました。

■ブライダルサポーターでは常にサービスの改善に取り組んでいます。何かご不満点やリクエストは有りますか?

他に類をみないリーズナブルな価格でサービスを提供していただいて、満足しています。頑張ってください!

まとめ
Y.Kさんはブライダルサポーター初の女医の方で、多忙かつ婚活中にご自身の転勤が決まるなど、私どももサポートを通して色々と勉強させていただきました。なお、お相手の方はサラリーマンの方です。

婚活はそもそも忙しい人には向いていないので、優先度を一番にして短期集中型にすべきだと私は常々思っているのですが、Y.Kさんは他相談所での経験を分析され、スマートに無駄の無い活動をされていた印象が有ります。
我々も相談所側の怠慢で貴重な日にちを無駄にしないように緊張感を持ちながらサポートに努めました。(これは皆様にですが‥)

ご自身からのお申し込み数自体は多くは無く、実際にされたお見合い数も限られたものですが、その中でお相手に恵まれた事は運も味方したと思います。

ただ、これを運で済ませてしまうのは経験談として大変勿体無く、Y.Kさんのお相手に望みすぎない姿勢と決断力。そしてお相手男性の「専業主婦になっても良い」という発言は例えイチかバチかでもなかなか出来ないものなので、同じ男性として尊敬に値します。また、早い時期に1対1の交際に絞る事の大切さも痛感させられました。

毎回思いますが、成婚レポートは同性の方だけでなく、異性の方にとっても役立つ情報の宝庫です。皆さんもご参考になさってください。

(2015年4月 メールアンケートにて)

D.Nさん 男性 32歳 活動期間:3か月

影山:この度はご成婚おめでとうございました。IBJルールを完全にキープした見事なスピード成婚でしたね。活動中の皆様の参考になるよう、今日は色々とお話しをお聞かせください。

D.Nさん:こちらこそお世話になりました。折角の機会なので何でも聞いてください。

■これ迄にどのような婚活を経験されましたか?

ブライダルサポーターさんにお世話になる前には婚活パーティーに何度か参加しました。
ただ、カップリングはするのですが、そこから先に進まないので埒があかないと感じ、結婚相談所への入会を検討しました。

■婚活を始める前、結婚相談所にどういった印象をお持ちでしたか?

私はIT業界の人間ですので、もちろんインターネットで口コミを調べましたが、高い上に不当にお金を取られるのではないか?といった印象が有り、不安に思っていました。
幾つかの結婚相談所に話を聞きましたが、ブライダルサポーターさんに決めたのはスタッフの方々と実際にお話しをして「この人達は信頼できる。」と感じたからです。
勿論、費用が安いのも私にとって魅力でしたが、それ以上にここがポイントでした。
他の相談所はIBJ以外の連盟にも加盟していたのですが、何よりも信用を重視してブライダルサポーターさんにお願いしました。

■プロフィール作りで何か気をつけた事は有りますか?

やっぱり写真ですね。プロにお願いして本当に良かったと思います。これは女性側にも言えると思いますが、適当な写真を使っている方とはなかなかお会いする気になれません。

■お見合いでは何処に気をつけましたか?

兎に角、事前に相手のプロフィールを読み倒しました。おしゃべりが得意なお相手なら大丈夫かもしれませんが、そうでなければ共通点を確認しておかないと場がもちませんから‥

これは聞いた話なのですが、男性は相手に対する最初のイメージが悪かった場合、印象が好転する確率が女性よりも低いらしいです。ロスを減らすといいますか、お見合いでフィーリングが合わないと思ったらスッパリと諦める事が重要だと思います。
そういう意味ではフィーリングが合う方とお会いする為に、お見合い回数を多くするよう努力しないといけないと感じました。

■交際中に気をつけた事は?

交際成立後の連絡は最低でも三日に一度は取るようにしました。
また、私の場合、初回のデートはあえて食事だけに限定しました。そこでどこまでお相手の好みなどを聞き出せるか?で二回目以降のデート企画難度が変わります。
私はデートコースもちゃんと下調べしましたね。方向音痴なのでストリートビューなどで済まさず、現地に足を運びました(笑)。
お店選びでは一人でお茶をして、雰囲気を気にいったら、そのまま予約しましたね。

■複数交際についてどう思いますか?

お互いの婚活期間を考えると必要な事、必要な権利だと思います。ただ、私の場合は何名の方かとお付き合いをさせていただいて、すぐにフィーリングの合う現在の婚約者に絞ったので、重複期間自体は短かったですね。

■入会前と活動内容にギャップは有りましたか?

良い意味で有りましたね。
当初は結婚相談所にはあまりタイプの女性がいないのではないか?と期待しないでおいたのですが、予想以上に素敵な方が多かったです。

■IBJのシステムはどうでしたか?

とても使い易かったです。パソコンでもスマホでもすんなりと入り込めたのでシステム的には満足しています。
あえて言うならば相手相談所によってレスポンスが悪い時があったのは少し気になりました。
実際、交際相手の女性から、相談所に連絡をしても返事は週に一回しか貰えないと聞いたので驚きました。それでは会員の足を引っ張りますよね。ブライダルサポーターさんは兎に角、レスポンスが丁寧で早かったので助かりました。

■婚活中の方に対するアドバイス

まず、絶対に若い内にやった方が良いと思います。
自分の場合は結婚を真剣に考えてから結婚相談所という方法にたどり着くまでが早かったのが良かった。
次にルックスにこだわり過ぎないという事でしょうか。結果的に素敵な方と成婚出来た私が言っても響かないかもしれませんが、当初は期待していませんでした。
あと結婚相談所に頼り過ぎない事です。結婚相談所はツールであって、それ以上の事を相談所に求めても仕方ないと思います。結局、本人次第の部分は有るという事ですよね。

■ブライダルサポーターでは常にサービスの改善に取り組んでいます。何かリクエストは有りますか?

満足しているので特に思いつきませんが、もっと宣伝を頑張って欲しいですね。
是非、ナンバー1の結婚相談所になっていただきたいです!

影山:本日は貴重なお時間をいただきまして、有難うございました。
幸せなご家庭をお築きください!

まとめ
ご成婚インタビューはいかがでしたでしょうか?
活動の方法は人それぞれですので、全てというわけではございませんが、参考になる部分も多々有ると思います。
D.Nさんは人見知りをしないという素質を元々お持ちで、インタビューからも分かる通り、大変、マメな方でもありました。
結婚相談所には出会いの機会が無かったから‥出会いの機会を得る為にという事でご入会いただいています。
機会さえ有れば何とかなるだろうという印象を初めてお会いした時に受けましたので、相談所としては余計な口出しをせず、無駄の無いサポートに徹底する事にしました。
動機的にIBJの誇る日本最大級の会員数と相性が良かったという事もあるでしょう。
何よりもD.Nさんの場合、遠回りする事を避け、運をご自身で引き寄せた印象が有ります。
結婚相談所はツール以上のサービスをご提供出来ないかと日々、努力しているのですが結局、それもより良いツールになろうとしているだけなのかも知れません。 そういった意味でもD.Nさんの「本人次第の部分は有る」というのは正しい考察と言えるでしょう。

(2015年某日 秋葉原の喫茶店にて)

ブライダルサポーター