結婚相談NPOについて

結婚相談NPOについて

ごあいさつ

ご挨拶 皆様、はじめまして。結婚相談NPO代表の影山と申します。これまで約10年、オーバーランドというゲームソフトの会社を経営してまいりました。会社を経営する傍ら仲間たちと社会問題について(真剣に!)語りあう機会を設けてきましたが、当結婚相談NPOは少子高齢化問題への対策を議論している中で生まれた企画です。
更に付け加えますと、年齢や収入的なアピールが強く無かった(現代の世相的には決して弱くも無い)複数の友人達が大手結婚相談所から条件を理由に入会を断られた事に背中を押され、設立に至っております。

既に手遅れとも言われている少子高齢化問題に対して、手をこまねいているだけで無く我々に何が出来るのか?限られた人材の中でどうしたら効果的に成果をあげられるか?今までの結婚相談所ではこの問題に対応出来ないのか?従来の結婚相談所で不十分だとしたら、どの様な組織にすべきか?等々‥ブライダル業界に対するマーケティングを重ね、特定非営利活動法人(以下、NPO法人)の結婚相談所を目指す事を決断いたしました。

NPO法人の結婚相談所は私の知る限り数箇所ございますが、低価格で真面目に運営している尊敬すべき団体もあれば、NPO側で手を差し伸べておきながら同時経営している高額な相談所に誘導している残念なパターンも見かけました。
実際のところNPO法は現在も発展途上でNPO団体も玉石混合の状態です。しかし、今後、税収の落ち込みによって行政サービスのスケールダウンが見込まれる中、NPOの存在はますますキーとなっていくでしょう。
今、重要なのは少しずれてしまっているように見えるNPOに対する国民の認識(ボランティアとの差など)を浸透させ、情報公開などを通じてNPO法人全体の質を底上げする事です。
現在はたまに残念なNPO関連のニュースを目にしますが、国民が目を向ける事で抑止力が働きます。皆様の視線を意識しながら活動を続ける事で自然と組織としての緊張感も保てるでしょう。

当初のきっかけは少子高齢化問題でしたが、結婚相談NPOは老若男女‥具体的に申し上げますとお子様を望まれる望まれないにかかわらずご利用いただけます。それが貧困問題その他の解決にも繋がる事をマーケティングの結果、確信しております。

柄にも無く堅いお話が続きましたが、活動に関しましてはスタッフブログをご覧ください。
当結婚相談所の活動が皆様の幸せに結びつく事を心から望んでおります!

※注:NPO法人は株式会社等と違い、設立前に業務に対する情報公開期間が要求されます。(2017年4月現在、当団体も都庁第一本庁舎27階の生活文化局都民生活部管理法人課にてご確認いただけます。Webでも閲覧可能です。)

所在地:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-24-8 サンボックス5F
団体名:特定非営利活動法人 結婚相談NPO
代表者:影山 頼央
TEL:050-3526-5105
事業内容:結婚相談業
取引銀行:中央労金、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、東京信用金庫、日本政策金融公庫
所属団体:日本結婚相談所連盟(IBJ)、東京商工会議所

 結婚相談NPO定款(PDFファイル)

スタッフのご紹介および主な担当区分

当相談所を共に運営している信頼出来るスタッフ達をご紹介いたします。(文:影山)
※現在、影山はご入会時ご相談 及び 団体運営業務に注力しておりますので新規会員様は受け持っておりません。

 

木村 木村

NPO法的には事務局長の肩書を担ってもらっており、アドバイザーとしては主に男性会員様を担当しています。機械やシステムに強く、情報セキュリティの改善や遠方のお客様対応へのビデオチャット導入準備を手伝ってもらっています。常に会員様の側に立ってのサポートが信条で、参加後にはファイナンシャルプランナー資格を取得する努力家です。(主な担当:20代、30代男性および40代女性)

 

佐々木 佐々木

影山が前職、前々職と10年以上一緒にお仕事をしてきた優しいお兄さんプログラマーです。信用できるスタッフとして無理を承知で仕事を辞めてNPOに参加してもらいました。結婚相談NPOとして成婚のノウハウは十分に溜まっている今、お客様のサポート以外にもITによる効率化推進によりミスを減らす(なくす)事が重要と認識しており、ブライダルサポーターの将来を担うキーマンと言えるでしょう。(主な担当:全世代男性およびシニア)

 

流(ながれ) 流(ながれ)

会員様にとって異性の視点及び価値観導入が必須という考えから参加をお願いした女性スタッフです。アドバイザーとしては主に女性会員様を担当し、男性会員様のプロフィール作成アドバイザーも兼任してもらっています。会員様の婚活疲れを未然に防ぐべく、参加後にメンタルヘルス・マネジメントの資格を取得。(主な担当:20代、30代女性)

 

高橋 高橋

某国立大学で福祉を専攻していたスタッフで、聴覚障がいをお持ちの方の対応を検討し始めていた頃、参加を表明してくれました。福祉については素人同然だった我々では非常に遅い一歩一歩となる事必至でしたが、盲・ろうの方々とお付き合い経験の豊富な彼の参加によって一気に実現へと舵を切る事が出来ました。現在、聴覚障害の方にとってどの様な対応がベストか?を検討しています。(主な担当:ハンディキャッププラン)

 

中村 中村

ウエディングプランナーとして豊富な実績を持つスタッフです。ご成婚へのラストスパート段階で入籍や結婚式を見越したご相談が多かった事から参加をお願いしました。
専門学校での講師経験も有る本格派ですので、頼りになります!(主な担当:全世代男女)

 

飯山 飯山

詳細は割愛させていただきますが、結婚に関する経験は当NPO随一の女性スタッフです。常に笑顔で前向きな姿勢で、仲人として以外にイベント運営での活躍も期待されるホープです!(主な担当:全世代男女)

 

遠藤 遠藤

様々な職種(製造・設計・開発・デザイン・接客・スタッフ研修)や就業形態(正社員・派遣社員・フリーランス)を経験。大手企業勤務時などを中心に障害者の皆様との接点も持ち、色々な立場を理解できる女性スタッフです。自身も2年間、あらゆる婚活方法を駆使して婚歴をお持ちの男性と結婚。仲人は人生経験がものをいうので、個人事業主や婚歴有りの方の婚活にも力強い味方です!(主な担当:全世代男女)

 

 

※その他、当NPOを支えていただいている非常勤理事や監査役につきましては役員名簿をご確認下さい。
 役員名簿(PDFファイル)

プレスリリース(PDFファイル)

 最低賃金時間額改定に合わせた月会費改定制度導入のお知らせ(2016/9/14)
 昔ながらの結婚相談所プロジェクト(2015/3/4)
 結婚相談NPOの親御様お見合いサポート会(2014/7/9)
 結と結(ゆいとむすぶ)(2014/7/25)