Continue reading "/>

宗教と婚活

理事長の影山です。
詳しくも無いので、これまで宗教の話題とは一定の距離を置いていたのですが、会員さんから「誤解を解く意味でも議論の場を醸造させる意味でも一度、ブログ等で宗教について触れて欲しい」とご依頼いただいたので、今日は宗教と婚活について書きたいと思います。

皆さんは何の宗教を信仰していますか?

文化庁の宗教統計調査によると、日本の宗教系統別信者割合は以下だそうです。

  • 神道系:47%
  • 仏教系:48%
  • キリスト教系:1%
  • 諸教:4%

今回は私の立ち位置も示しておいた方がよろしいかと思います。私は仏教で影山家の墓は新宿区某所にありますが、そこまで熱心な訳でも無く、たまにお墓参りに行く程度です。信心深い方からしますと、あまり感心できない状況かもしれませんが、一般的な現役世代日本人像なのではないかと自分では思っております。

宗教と婚活を意識したきっかけ

私が仲人になりたての頃、宗教と婚活といえば「新興宗教を信仰している方は結婚の難易度が上がるだろう」といった程度の漠然としたものでした。
なお、この先で扱う宗教とは新興宗教全般の事を指します。

私が宗教と婚活の関係をまじめに考えるようになったのは、ある女性会員の活動がきっかけです。
その女性会員はプロフィール的にはとても婚活がしやすい方でした。一方で「影山さん、私、生まれつき新興宗教を信仰しています。いわゆる二世です。」とご申告をいただいており、「プロフィールには書きますか?」と話し合ったところ「とりあえず書かないで活動したい。でも、交際をお願いしたいと思ったお相手にはお見合いの席で直接伝えます。」との事で、プロフィールには記載せずにご活動いただきました。

ここまでお読みいただいた方の中には「婚活プロフィールで宗教を隠す事は許されるのか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、結論から申し上げると「許されます」。センシティブ情報では知る権利と同等以上に、活動者には書かない自由という権利があるのです。逆に「許しません」という結婚相談所がありましたら、そこは個人情報保護法のペナルティを受ける事になります。

さて、その女性会員の活動はどうなったでしょうか?
結果的にはすぐにお見合いをして、すぐに退会をしてしまいました。お見合いの場でお相手にお伝えしたところ、あからさまな嫌悪感をしめされたそうです。
ご本人は「生まれつきだから、何が悪いのか分からない」と悲しんでいらっしゃいましたが、私の声がけは全くの無力でした。

結論は出せませんが、この経験から私が理解したのは「無駄に傷つきたくないのであれば、プロフィール上で公開すべき」です。

相手が宗教有りの方に対して知っておきたい事

実は結婚の相談をお受けする時点では体感的におよそ3割程度の方が「過剰で無ければ新興宗教を信仰していても構わない。」といったお話をされています。

ただし、こういった方も例外無く気にしているのが以下の4点です。

  • 自分や子供に入信を強制しないか?
  • 一緒にお墓に入れるのか?
  • お金をどの程度かけているのか?
  • イベントで休日がつぶれたりしないのか?

お相手の宗教に関しては、知らないという事が不安を増長させる一因ですので、私はこの4点の内容が悪くないのであれば、早期に伝えておくべきだと考えています。
実際、中には「新聞を取っているだけでそれ以上の出資はしませんし、行事にも参加しません。」という方もいらっしゃいましたが、それさえ伝えておけばお墓の件以外はクリアーになったも同然です。

宗教有りの婚活を成功させる為に

宗教有りの方が同一宗教の信仰者を求める時、我々、結婚相談NPOはあまりに無力です。一方でお相手に求めないのであれば長期戦にはなるかもしれませんが、活動をする価値はあると思います。
例えば創価学会の信者の方は現時点で何名様かいらっしゃいますが、他の新興宗教の方は1名ずつといったような状況です。どう考えても同一宗教の方を紹介するのは困難です。

このような状況で宗教を信仰されている方からたまにご希望いただくのは、自分の信仰する新興宗教本部に出向いて、会員を募集して欲しいという事ですが、さすがにハードルが高いですし、そこまで我々がやるべきだろうか?という微妙なラインだと思っています。
我々としては新興宗教を信仰されている方でも精一杯サポートはさせていただきますので、もし、新興宗教で婚活を躊躇されている方がいらっしゃれば、一度、ご紹介いただければと思います。

同一宗教間での結婚を進める為には、宗教関係者側からの協力が欠かせないのかもしれません。

現状、結婚相談所のプロフィールには「宗教欄」があるケースが殆どですが、宗教欄は無くすべきという側の意見の方が発言力が強く、将来的にはなくなる可能性があります。個人的にはこの欄が無いと同一宗教の方を探すのが困難なので重宝しているのですが、無くなったらどうすれば良いのか?今から頭を悩ませています。

最後に、これまでの活動で感じた事ですが、新興宗教を信仰されている方に不真面目な方が居なかったのはとても印象に残っています。ですので、ただ新興宗教を信じているから対象外というのは勿体ないかもしれず、まずはどういった活動内容なのか?自分が受け入れられないレベルか?は一考の余地があるでしょう。

どの宗教を避けるべきか?どういった新興宗教があるのか?まずは調べてみてはいかがでしょうか?

クリックでhontoのサイトに移動します。

ブライダルサポーター