ハンディキャッププランのサービスを大幅に向上

Chatお見合い

結婚相談NPO、理事長の影山です。

この度、ハンディキャップ各プランのサービス内容を大幅に向上致しましたのでご報告させていただきます。

ブライダルサポーターでは障害をお抱えの方向け優先プランとして「ハンディキャップ」「ハンディキャッププラス」の2つのプランをご用意しています。(ご利用条件有り)

これまで月会費の発生しない「ハンディキャップ」はIBJをご利用いただけないプラン、月会費の発生する「ハンディキャッププラス」はIBJをご利用いただけるプランという差が有り、強力なネットワークを誇るIBJをご利用いただけないのは大幅なマイナスである為、当然ハンディキャッププラスの方がお勧めしては来たのですが、収入を障がい年金に頼らざるをえない方など、経済的な制限が有る方々の中には致し方なくハンディキャッププランを選ばれる方がいらっしゃいました。

たとえ、IBJを利用できなくても都市部の方は比較的ご紹介がしやすくご成婚も出ていたのですが、郊外の方になるとお見合いの度に遠征をしていただかないとお見合いの設定自体が困難というのが実情で、ご入会を強くお勧めするには至っておりませんでした。

NPOとして相談所を運営する中で、出来る限り多くの方にサポートを提供しなくてはならないという思いを常に持ち続けていますが、このような状況を放置しているのは好ましく無く、今回、ハンディキャッププラン向けに新しいサービスを2つ開始いたしました。

1.ハンディキャッププランでもIBJを一部利用可能に!

機能限定ながら月会費の発生しないハンディキャッププランでもIBJをご利用いただけるようになりました。

機能の制限について、お相手の検索とお申込は出来ませんが、お相手からお申込が有った場合はお受けいただく事が可能です。

文章では今一つ効果が分かりにくいかもしれませんが、全国総会員数58,033名(2017/8/10時点、日本結婚相談所連盟発表 )、総会員数は実際には男女に分けられますが全国にいらっしゃる大人数から対象とされるのはとても大きな事です。障がいを抱えていると相手にしてもらえないのでは?というご心配も承知しておりますが、これまでのご活動でハンディキャップ会員さんが実際にお申し込みをお受けする事も少なくなく、利用可能かどうか?で大きな差が有るのは明白です。

もちろん機能制限なしのハンディキャッププラスの方がお勧めなのは今も変わりませんが、少なくともご入会を迷われる方にも「ハンディキャッププランにだけでも入会しておいた方が良い」と自信をもって言えるようになったと思います。

ただし、IBJをご利用いただく場合はIBJでの活動ルールを遵守していただく必要はございますので、実際にIBJを利用するか?はご入会説明後にご検討ください。

2.チャットお見合い対応を始めました

ブライダルサポーター会員様同士のお見合いに限りますが、チャットワークを利用したチャットお見合い対応を始めました。

原則、対面でお見合いをしていただくという姿勢に変更はありませんが、車椅子をご利用で近くにバリアフリーのお見合い場所が無い方や、交際では遠出もするがお見合い時点で遠方に出向く事に躊躇される方、公共交通機関での移動が苦手な方などを対象にしています。

これまでチャットという方法でのプライバシーの観点や、お見合いルールの順守が難しいという部分を検討して参りましたが、事前にご準備をいただいた上でチャットワークのグループチャットという機能を利用する事で対応可能と判断致しました。

設定方法をご案内いたしますので事前にご準備いただき、当日はこちらでご用意させていただくグループチャットでお見合いいただく形です。(ビデオチャットと文字チャットの双方に対応)

 

一般プランの会員様からは最近のブライダルサポーターはハンディキャッププランにだけ注力しているようにお見えになるかもしれませんが、最近ご入会いただいたハンディキャップ会員さんの中に遠出がなかなか難しい方が何名かいらっしゃった為、実現を急ぎました。
チャットお見合いのご要望自体は2年ほど前からいただいていて、下準備はほぼ済んでいた状態です。
チャットお見合いは一般プランでの対応も検討して参りますので、一般プランの皆さまにはご理解をお願い致します。

ブライダルサポーター